京都府 舞鶴市 冷凍機位置変更、修理

京都府舞鶴市「旬割鮮 地鶏料理 天」様
活魚水槽の冷却機(クーラー)位置変更、交換です。

2010年中古でカニ用水槽を導入させていただいた時からのお付き合いです。

2010年に90cm幅のカニ用アクリル製の
いわゆるタテ型活魚水槽(一般水槽)を導入いただいたのですが、
以前から150cm×60cm×60cmの水槽をお持ちで、
その水槽の冷却が故障したので、交換となりました。

故障原因なのですが
海水の漏水でした。

もとの活魚水槽の水配管位置が機器類(活魚用クーラー)の上にあり、
その配管の付け根から、気づかない程度の海水がすこしづつ漏れてて、
その海水が原因で機械が漏電、錆びてダメになってました。

3年前の修理画像

活魚水槽冷却機を撤去した場所の画像(機器の上側に水配管)

今回の撤去前画像

自然海の活魚水槽設計では、まずそんなことはしないのですが、
夏場結露もするし、何故このような設計になるのか不思議で仕方ありません。

結局、前回修理交換して3年ほどで
次は水漏れが発生し、機器類パーになってしまったので、
今度は冷凍機を外に置くことにしました。

冷却機を活魚水槽架台下から撤去した画像を掲載します。

修理までLINEで画像のやり取させていただき、
漏水に関してオーナー様も全く気付かれていなかったので、

現場に行き、当日水を張り始めて気づいたので
サーモスタット(温度調整機)の上に急遽、
発砲スチロールの箱を加工して、水漏れ対策。
※サーモスタットは水槽下に設置で設計していたので

あと漏れてくる海水は雨どいをホームセンターで調達してもらい
ろ過槽に戻してもらうことにしました。

古いアクリル水槽は接着剤などで補修が難しいので仕方ありません。
(古くなったアクリルは接着剤を入れた瞬間表面にヒビが入るのです。)

交換後、外置きにした活魚水槽用冷却機の画像です。

お気づきになりました?
この水槽用クーラー、実は本当のクーラー(エアコン室外機)なのです。

お客様と相談し、ローコストハイスペック&低騒音
ということで、エアコン室外機を改造したものでご了承いただき
設置と相成りました。