島根県 出雲市 安来や 出雲大社店 活イカ水槽

大阪で3店舗「安来や」ブランドで運営されているオーナー様の地元、島根県での出店に際し、活イカ水槽納品させていただきました。

 水槽サイズは1500×700×700、冷却機は100Vしか取れないとのことで、エアコン室外機を改造したものを利用させていただきました。

 このサイズだと通常三相200V、動力の冷凍機を使いますが、屋外水槽設置で、100V電源しか取れないとのことでしが。

念入りに冷却チェックしていきましたが、熱交換器が大きいのでエアコン室外機で十分冷えます。
島根県出雲市安来や様活イカ水槽
外置きだったので丁度いい感じに収まりました。
エアコン室外機改造活魚水槽用クーラー

岡山県 岡山市 厨房機器会社様 中古活魚水槽用冷却機と循環ポンプ

ホームページをご覧いただき既存活魚水槽に取り付ける活魚水槽用冷却装置と循環ポンプをご注文いただきました。

東芝製冷凍機を使った屋外ユニット冷却装置で、ご購入いただいたのが厨房機器会社様でガス漏れや修理に関してはとても安心できます。

岡山市内には某チェーン店様のお付き合いで水槽何か所か導入したますが、流石に冷却不良等で呼ばれると、1日仕事になるので、その点厨房機器会社様の場合ほとんどが電話での対応でなんとかなるので安心です。

特に大型水槽で三相200V×750Wの冷凍機になるとセンドバック方式が不可能なので、修理の場合どうしても現地に行かないと無理なので。

1200×600×600までならギリギリ100V機器で行けるので、飲食店のお客様でも結構導入いただいております。
岡山県岡山市中古活魚水槽冷却機
岡山県岡山市活魚水槽中古冷却機画像

熱帯魚用クーラー自作派の方々の為のアドバイス

熱帯魚愛好家の方々は夏場の水温対策非常に苦労されているかと思います。


活魚水槽設備の設計製造を主たる業務としておりますが、ごく稀に熱帯魚水槽、(大きものがほとんどですが)請け負うことがあります。


正直あまり積極的に請けていないのが現状です。観賞魚水槽は活魚水槽と違い、設備よりアクリル水槽が一番コストがかかるので、アクリル水槽製造業の方々にお任せした方が、お客様も安く購入できるかと思います。


観賞魚の場合、概ね26℃前後くらいで水温をキープするかと思いますが、観賞魚水槽の水温維持の為に冷却機(熱帯魚用クーラー)を導入される方もいます。


それはそれでいいとも思うのですが、今の熱帯魚クーラーは空冷のものばかりなので、水温を冷やすために、空気の熱を奪って水を冷やします。つまり、熱い空気を出して、水を冷たくするので、どうしても室温(水槽の周囲の空気の温度)が上がってしまいます。


これって人がいる空間に熱風を出して、魚が快適になり人が不快にり、室内エアコンが少し余計に稼働するとういうことになります。


そんなことをするのだったら、室温を26℃~27℃で24時間空調にした方が、人も快適だし水温も問題なくキープできるので、空調で水温コントロールする方が良いのではないでしょうか?


当社で3mのアクリル水槽を納品したの奈良の美容室のオーナー様は、24時間空調で、熱帯魚の水温管理をされておりました。


ルームエアコン24時間稼働はちょっと、という方は、例えば発砲スチロールや、スタイロフォームのような断熱効果があり加工が容易なもので、水槽周辺を覆い隠せるような構造のものを作り、ガバっと脱着できるようにし、そこにコンプレッサー方式の除湿器を使えば、水槽周辺の外気を低くキープすることができます。


コンプレッサー方式除湿器は基本的にエアコンと同じで、銅管を冷やして結露させて室内の水分を取り除きます。

その場合、気を付けないといけないのが、熱風を出すところは水槽を覆ったものから外に逃がさないといけません。


私なら除湿器の銅管部分をチタン管に交換して冷水ユニットも作れますが、一般の方には道具がないから無理ですしねぇ...


熱帯魚用クーラーは高いから、24時間空調で、人も魚も快適にするのはいかがでしょうか?今のインバーター制御のルームエアコン省エネですよ!!

三菱除湿器MJ-180TX-C分解
コンプレッサー方式三菱除湿器MJ-180TX-C
三菱除湿器MJ-180TX-Cのコンプレッサー三菱除湿器MJ-180TX-Cのコンプレッサー
松下製のコンプレッサーが入ってました