熱帯魚用クーラー自作派の方々の為のアドバイス

熱帯魚愛好家の方々は夏場の水温対策非常に苦労されているかと思います。

活魚水槽設備の設計製造を主たる業務としておりますが、ごく稀に熱帯魚水槽、(大きものがほとんどですが)請け負うことがあります。

正直あまり積極的に請けていないのが現状です。観賞魚水槽は活魚水槽と違い、設備よりアクリル水槽が一番コストがかかるので、アクリル水槽製造業の方々にお任せした方が、お客様も安く購入できるかと思います。

観賞魚の場合、概ね26℃前後くらいで水温をキープするかと思いますが、観賞魚巣層の為に冷却機(熱帯魚用クーラー)を導入される方もいます。

それはそれでいいとも思うのですが、今の熱帯魚クーラーは空冷のものばかりなので、水温を冷やすために、空気の熱を奪って水を冷やします。つまり、熱い空気を出して、水を冷たくするのです。

これって人がいる空間に熱風を出して、人が若干不快になるか、室内クーラーが少し余計に稼働するか、とういうことになります。

そんなことをするのだったら、室温を26℃~27℃で24時間空調にした方が、人も快適だし水温も問題なくなるので良いのではないでしょうか?

当社でも奈良の美容室様に3mのアクリル水槽を納品した時、その美容室のオーナー様は24時間空調で、熱帯魚の水温管理をされておりました。

ルームエアコン24時間稼働はちょっと、という方は、例えば発砲スチロールや、スタイロフォームのような断熱効果があり加工も容易なもので、水槽周辺を覆い隠せるような構造のものを作り、ガバっと脱着できるようにし、そこにコンプレッサー方式の除湿器を使えば、水槽周辺の外気を低くキープすることができます。

コンプレッサー方式除湿器は基本的にエアコンと同じで、銅管を冷やして結露させて室内の水分を取り除きます。
その場合、気を付けないといけないのが、熱風を出すところは水槽を覆ったものから外に逃がさないといけません。

私なら除湿器の銅管部分をチタン管に交換して冷水ユニットも作れますが、一般の方には道具がないから無理ですしねぇ...

熱帯魚用クーラーは高いから、24時間空調で、人も魚も快適にするのはいかがでしょうか?今のインバーター制御のルームエアコン省エネですよ!!
三菱除湿器MJ-180TX-C分解
コンプレッサー方式三菱除湿器MJ-180TX-C
三菱除湿器MJ-180TX-Cのコンプレッサー三菱除湿器MJ-180TX-Cのコンプレッサー
松下製のコンプレッサーが入ってました